お問い合わせはこちら

デジタル合成

デジタル合成について

実写とCGを組み合わせることでリアルな映像を実現するデジタル合成。東京現像所ではよりリアリティを追求するために撮影現場に同行し、制作側の要望を収集することも可能です。経験豊富なスタッフが作品の求める印象を正確に理解して、「作品の世界観に溶け込む」合成を目指します。また映像編集のすべてを取り扱う東京現像所ならカラーグレーディングから合成へとワンストップサービスで対応する体制が整っているので納期、ご予算ともに柔軟に対応致します。

デジタル合成技術例

主な合成業務は、コンポジット、デジタルマットペイント、3DCG、本篇タイトル作成などになります。

高い技術で作品のクオリティアップのお手伝いをいたします

ジャンルを問わず、様々な作品やシーンに合わせた合成を追求しております。

▼主な取扱い作品一覧

2009年 『ゼロの焦点』 配給:東宝
2010年 『桜田門外ノ変』 配給:東宝
2011年 『神様のカルテ』 配給:東宝
2012年 『僕等がいた 前篇』 配給:東宝
『僕等がいた 後篇』 配給:東宝
2013年 『県庁おもてなし課』 配給:東宝
『陽だまりの彼女』 配給:東宝
『ハードナッツ!』 製作著作:NHK BS プレミアム
2014年 『神さまのカルテ2』 配給:東宝
『アオハライド』 配給:東宝
2015年 『くちびるに歌を』 配給:アスミック・エース
『闇の伴奏者』 製作著作:WOWWOW
2016年 『ライチ光クラブ』 配給・宣伝:日活
制作プロダクション:マーブルフィルム
『青空エール』 配給:東宝
製作プロダクション:東宝映画
『ボクの妻と結婚してください』 配給:東宝
製作プロダクション:東宝映画
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 配給:東宝
製作プロダクション:東宝映画
2017年 『スリル!?赤の章・黒の章?』 制作 – NHKエンタープライズ
制作・著作 – NHK、東宝
『君の膵臓をたべたい』 配給:東宝
製作プロダクション:東宝映画
『先生!、、、好きになってもいいですか?』 配給:ワーナー・ブラザース映画
制作プロダクション:
ドラゴンフライエンタテインメント
『未成年だけどコドモじゃない』 配給:東宝
製作プロダクション:東宝映画
2018年 『闇の伴走者〜編集長の条件』 制作協力:東宝映画
製作著作:WOWOW
『となりの怪物くん』 配給:東宝
製作プロダクション:東宝映画
『羊と鋼の森』 配給:東宝
製作プロダクション:東宝映画
『散り椿』 配給:東宝
製作プロダクション:東宝映画、
ドラゴンフライエンタテインメント
『旅猫リポート』 制作プロダクション:ホリプロ
企画・配給:松竹

※他にも様々な映像作品の実績がございます。詳しくはこちらまでお問い合わせください。

レンダーファームの高速演算でクオリティーをアップ

レンダーファームの高速演算でクオリティーをアップ図 東京現像所ではレンダーファームを構築し、レンダリング処理を高速化することで、さらに完成度の高い作品をお届けすることを可能にしています。

DIGITAL SERVICE
デジタルサービスについて
デジタル合成
カラーグレーディング・コンフォーム(本編集)
フィルムスキャニング
フィルムレコーディング
レストア
  • DIGITAL CINEMA PACKAGE
  • FILM ARCHIVE SERVICE
  • MOVIE RENTAL & PROJECTION
  • Togen Blog
  • 東京現像所公式Facebook
  • よくある質問