お問い合わせはこちら

レストア

レストアについて

レストアとは、最新のデジタル技術を用いて劣化したフィルムをできる限り制作当初の状態まで再生させる技術です。経年劣化などによるゴミやキズを取り、傷んだ部分の修復も行います。東京現像所では映画やテレビ用フィルムの長年のレストア経験からレストアソフト「Kirk(カーク)」を独自に開発、確かな技術とそれを支えるオリジナルのソフトウェアで、あらゆるフィルムの修復に対応します。レストアの程度やご予算などはご相談ください。

傷ついたフィルムをデジタル処理で修復した例

作品によって変わる様々な条件に、最新技術と職人の技でご対応いたします

映像に映りこんだゴミや汚れを除去し、映像を修復する作業を“レストア”と呼びます。一口にレストアといっても、お客様のご要望は様々です。東京現像所ではオートとマニュアルの2種類の手法により作業を行います。オートの作業ではソフトがゴミや汚れの識別からレストアまでをスピーディーに実行。また、マニュアルの作業では熟練したスタッフが1コマ1コマを目視で確認し、より精度の高いレストアを実現します。この2つの手法を組み合わせ、お客様のご要望やご予算、納期に合わせたプランをご提案いたします。いずれの方法でも最終チェックは専門のスタッフの目で行い、クオリティの高い仕上がりをお約束します。

レストアのフロー図

オリジナルソフトKirkでさらにクオリティアップ

東京現像所では長年の映画・テレビ映像の制作経験から豊富なレストアノウハウが蓄積されています。そのノウハウの集大成といえるのが自社開発のレストアソフト「Kirk(カーク)」です。一般的なソフトでは対応できない高解像度の映像に対応し、当社ならではのハイクオリティーなレストアの実現を可能にします。

DIGITAL SERVICE
デジタルサービスについて
デジタル合成
カラーグレーディング・コンフォーム(本編集)
フィルムスキャニング
フィルムレコーディング
レストア
  • DIGITAL CINEMA PACKAGE
  • FILM ARCHIVE SERVICE
  • MOVIE RENTAL & PROJECTION
  • 東京現像所公式Facebook
  • よくある質問
  • 360°アクセスガイド
  • 360°ヴァーチャル見学ツアー