お問い合わせはこちら
トップページ > 会社案内TOP

会社案内TOP

1955年誕生 総合映像ポストプロダクションとして

東京現像所は1955年(昭和30年)4月22日、映画フィルムの現像所として緑豊かな東京都調布市に誕生しました。
映画史に名を残すフィルム現像手法“銀残し -bleach bypass-”の開発などでも知られるその独創的な先進性は、時代が変わりデジタル技術全盛となった今に至るまで脈々と社内に生き続けています。
近年はテクノロジーの変遷を先取りするかのように日本国内でもいち早くVFXやデジタルインターメディエイト(DI)の開発に取り組み、映像業界を支えるデジタルシネマ技術を確立いたしました。
歴史あるフィルム現像の灯火を守りつつも、現在では最新の4KやHDRにも対応した総合映像ポストプロダクションとして映画・放送・OTT配信など多ジャンルに映像を供給し、今なお映画館やテレビ・スマートフォンで見る作品クレジットを通して「東京現像所=Togen(トーゲン)」の名前は世代を問わず多くの方々に知られるところとなっています。
これからも東京現像所は、映像の世界を支えて参ります。

  • 会社概要/アクセス
  • 代表挨拶/役員
  • 沿革
  • 採用情報
ポストプロダクション
会社案内TOP
会社概要/アクセス
代表挨拶/役員
沿革
採用情報
  • DIGITAL CINEMA PACKAGE
  • FILM ARCHIVE SERVICE
  • MOVIE RENTAL & PROJECTION
  • 東京現像所公式Facebook
  • よくある質問
  • 360°アクセスガイド
  • 360°ヴァーチャル見学ツアー